パティスリー・アシッドラシーヌのブログです。


by acidracine

アントルメだけでも

さて、明日からまた3日間しか明けれないですが、精一杯頑張って営業させて頂きます。

来週の営業も3日間で行かせて頂きたいと思っております。勝手を言いますが宜しくお願い致します。

何とか再来週には・・・・。

引き続きスタッフ募集しております。

お電話ください。

タイトルにも書きましたがやはり、私がお菓子屋を営む上で最も重要な事といえば、お誕生日やお祝いのお
菓子です。

僕が初めて勤めたお店で初めてメッセージプレートを書かせて頂いたことは今でも覚えています。

ものすごく緊張して一生懸命「お誕生日おめでとう」と書きました。

毎日練習してました。

うまくかけたときはとても嬉しかったです。

でもそれよりもシェフに声をかけて頂いた言葉がとても僕の心に残っています。

「緊張しただろ?

そりゃそうだ。

お客さんにとって誕生日はとても大切な日、そんな日を共に過ごさせて頂く仕事だからな。

手は抜けないぞ。」

手は抜いたことはないです。

でも、この言葉を頂けたおかげで、いつも緊張感を持てるようになったことは事実です。

ですから僕にとってプティガトーや焼き菓子も大切ですが、アントルメのようなみんなで囲むお菓子は

また格別なものなんです。

しかし現在週に3日間の営業という体制の中、お誕生日ケーキのお問合せも頂きます。

これだけでも何とかならないか、今真剣に頭を悩ませています。

スタッフの訓練が先か、それともできる事から少しずつやっていくべきか。

もう少し時間を頂きたいです。

なにはともあれ明日は待ちに待った営業日。

またお客様にお会いできることを楽しみにもう少ししたら厨房に向かいます。

あっ、もう今日になってた!

本日もどうぞ宜しくお願い致します!

acidracines 橋本
[PR]
by acidracine | 2013-11-08 00:46